花粉症

このページでは、スピルリナの花粉症改善効果について調査しています。

このページの目次

スピルリナでつらい花粉症を撃退!

豊富な栄養素を含みスーパーフードといわれるスピルリナは、春先に多くの人を悩ませる、あの症状も改善してくれるのだとか。その症状とは、年齢性別問わず発症することがある花粉症です。

アレルギー反応抑制をサポートするスピルリナ

春先になると多くの人を悩ませる花粉症。空気中に飛散している花粉の侵入により引き起こされるアレルギー反応がその原因です。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりから、目のかゆみや腫れ、そして発疹まで、症状は多岐にわたります。長い冬の後に訪れる暖かな春がなんとも憂鬱になってしまうのは、どうにもつらいものですよね…。

そんな花粉症対策として注目したいのが、アレルギーに関連する二種類の抗体です。

  • IgE抗体…異物侵入のサインとしてくしゃみやかゆみなどを誘発する抗体。[注1]
  • IgA抗体… 粘膜免疫と呼ばれ、異物と結合し体外へ排出する働きを持つ抗体。[注2]

上記のいずれも、ウィルスなど侵入物への抵抗として作られる抗体です。

しかし、IgE抗体はいわば危険を知らせるサイレンのようなもので、ウィルス自体を追い出すことに貢献してくれるわけではありません。それどころか、IgE抗体は量が多すぎるとくしゃみやかゆみを誘発してしまいます。その結果、花粉症の症状が生み出されているのです。

スピルリナが含む豊富な栄養素は、そんなIgE抗体の働きを抑制するよう働きかけます。それだけでなく、ウイルスを体外へ排出してくれるIgA抗体の活性をサポート。長期にわたってスピルリナを摂取している人の唾液には、IgA抗体が多く含まれているという研究発表もあるほどです[注3]

花粉症に悩んでいる方はスピルリナを摂取する習慣をスタートし、花粉シーズンに備えてみてはいかがでしょうか?

IgA抗体の量に影響を与えるスピルリナ

花粉症発症のメカニズム

そもそも花粉症とは、免疫細胞の誤作動により引き起こされます。

具体的には、本来は無害なものである花粉を排除しようとすること、目や鼻から侵入した花粉が異物とみなされることが原因となっています。これにより、花粉侵入のサインともいえるIgE抗体が作られ、目や鼻の粘膜にある肥満細胞と結合します。

そして再び花粉が体内へ侵入すると、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉を追い出すための反応が起こります。この反応こそ、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみなど、花粉症の症状なのです[注4]

IgA抗体が花粉を体外へ運び出す

花粉を体外へ追い出すときに役立つのが、粘液中に分泌されるIgA抗体です。IgA抗体は粘液で捕まえた花粉を包み込み、体外へ運び出す働きをします。IgA抗体は粘膜における免疫力の向上に深く関わっていると考えられています[注2]

スピルリナ摂取とIgA抗体量の相関関係

そんなIgA抗体量に影響を与える食品と考えられているのがスピルリナです。

『スピルリナ摂取期間』と『唾液中のIgA抗体量』を測定した研究にて、両者には相関関係が見られています。スピルリナを1年以上服用している人は、半年未満の人に対してIgA抗体量平均値が高いことも確認されているのです[注3]

これらの結果より、スピルリナの摂取はIgA抗体量に好影響を与え、花粉症を軽減する可能性が高いと推測されています。

腸内環境整備に役立つ成分を豊富に含む

さらにスピルリナには、腸内環境を良好に保つための成分がたくさん含まれています。スムーズな便通を助ける食物繊維、老廃物の排出に役立つ葉緑素などなど、その有効成分の豊富さは、スピルリナがスーパーフードと称されるゆえんです[注5]

人体最大の免疫器官である腸内は、IgA抗体が多く存在する部位です[注2]。腸内の環境が良好に整えばIgA抗体の数はさらに増加し、体内のあちこちで有用に働いてくれるのです。

IgA抗体を増やす!スピルリナの腸内環境改善効果

腸内細菌と花粉症の関係

花粉症は免疫システムの誤作動で引き起こされているので、免疫システムを整えることで症状が改善する可能性があります。

花粉を異物と認識するリンパ球の75%は腸管に集まっています。腸管はヒトの身体で最大の免疫システムです。この免疫システムを活性化させるのが腸内細菌(乳酸菌)です。腸内細菌を良いコンディションに保つことで、免疫のバランスが整い花粉症を軽減できると考えられています。

スピルリナが腸内細菌の生育をうながす

スピルリナには、身体によい影響を与える腸内細菌(乳酸菌)の生育を助ける働きがあります。

この働きは、ラットを2群に分けて一方には通常の飼料、もう一方にはスピルリナ粉末を添加した飼料を与えて比較した実験で確かめられています。通常の飼料を与えた群とスピルリナ粉末を添加した飼料を与えた群では、後者の方が盲腸内の乳酸菌の数が多くなりました。その結果、スピルリナには乳酸菌の生育をうながす繊維質が含まれていると推測されています[注6]

乳酸菌が腸の免疫システムを刺激して活性化することで、花粉症が軽減へ向かうかもしれません。スピルリナは、この面からも花粉症の予防に役立つ考えられています。

スピルリナ愛飲者からの口コミ

飲んでよかった!花粉症に効果があった口コミ

花粉症、腸内改善に効果あり!

朝に15錠、昼に10錠、夜に15錠を飲み続けたところ、かなり効果が出ています!花粉症が楽なり、寝起きも良くなり、便通も快調です。

スピルリナとヨーグルトを併用

今年は花粉症が全然出ていません。スピルリナとヨーグルトを併用しているせいかも?

猫アレルギーと花粉症を克服!

にんにくサプリとスピルリナで体質が改善されたな~って思います。花粉症も猫アレルギーもな出なくなりました!

20年来の花粉症に効きました!

アレルギーをおさえてくれる海藻サプリと併用してスピルリナを摂るようにしたところ、20年来悩まされた花粉症がほとんど出なくなりました!ただ、お酒を飲むと効果が薄れる気がします。

乾燥肌と花粉症が改善

もう7年ほどスピルリナを飲んでいます。乾燥肌が治ってシワが消えただけでなく、花粉症も治ったのには驚きです。体質から変わった実感がありますね。季節に合わせて飲み方や内容を変えてみてもいいかなって思います。

体質に合っているようです

私にはスピルリナが体に合っているようです。もともとかなりひどい花粉症だったのですが、スピルリナを摂るようになってからだいぶ改善されたように思います。もしかしたら掃除機をダイソンに変えたからかもしれませんが(笑)。お通じも良くなりましたね。いまでは妹も気に入って飲むようになりました。

まだ花粉症改善効果が表れていない口コミ

便秘に効果あり!花粉症にも期待

花粉症や便秘が改善すると聞き飲み始めたところです。すでに便秘には確実に効果が出ています。花粉症のシーズンはこれからなので、こちらも期待しています。粒が大きいのが女性向きにはちょっと大変ですが、コラーゲンやビタミンも含まれているので、乾燥肌にも効いている感じがあります。値段も安いですし飲んでよかったです。

飲むのをやめたところ花粉症が悪化?

以前飲んでいたときは効果を感じなかったのですが、飲むのをやめたところ花粉症がひどくなったので、また飲み始めています。花粉症が治った!と言えるほどの効果はまだ出ていませんが、お通じは快調になったように思います。

花粉症の症状改善のほか、腸内コンディションについても効果があったという口コミが多く見られました。ヨーグルトとの併用で、さらに腸内環境改善につながったケースもあるようです。また、小児向けとしても優れた効果が表れていることもうれしいですね。

花粉症対策にスピルリナ

スピルリナには、IgA抗体を増やす働きと腸内の乳酸菌を増やす働きが期待できます。どちらも花粉症対策に役立つ可能性があると考えられている作用です。

スピルリナには、ドリンクタイプ、サプリメントタイプ、粉末タイプ、生タイプなどがあるので、ライフスタイルにあわせて利用しやすいものを選んでみてはいかがでしょうか。

本記事の参照元サイト