脂質(六大栄養素)

体を動かすエネルギー源となる「脂質」について、体でどのような働きをする成分なのか、またサプリメントから摂取する際の注意点を紹介します。

脂質とは

脂質はタンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物と並ぶ六大栄養素の1つで最もエネルギーが高く、体の中でホルモンや細胞膜をつくり、脂溶性ビタミンを吸収しやすくする成分です。[注1]
脂質には必須脂肪酸という人間の体でつくることができない栄養分が含まれていて、それがホルモンや細胞膜の材料となります。脂質が足りなくなると疲れやすくなったり、ビタミンが吸収されにくくなったりすることで体調不良になる可能性も。[注2]
厚生労働省のデータによると必要なエネルギーの20~30%は脂質から摂るのが良いとされています。[注3]

脂質をサプリメントから摂るメリット・デメリット

近年では、脂質の中の重要な成分「必須脂肪酸」だけを効率的に摂取できるサプリメントが多く販売されています。ここでは、サプリメントで必須脂肪酸を摂取することに関するメリット・デメリットを紹介します。

脂質をサプリメントから摂るメリット

無駄なカロリー摂取をおさえる

体に必要な必須脂肪酸だけを摂取しカロリーの過剰摂取をおさえます。脂質の中に含まれている必須脂肪酸は人間の体の中でつくることができず、食べ物から摂取する必要のある栄養素です。例えばスピルリナに含まれるγ-リノレン酸という脂肪酸が少なくなると、皮膚のバリア機能が低下し、アトピー性皮膚炎になりやすくなるといったデータがあります。[注4]
しかし、脂質にはエネルギーとなる要素も多く含まれているため、消費されないエネルギーは脂肪になり肥満につながる可能性も。サプリメントであれば、必須脂肪酸だけを抽出しているため、必要のないエネルギーを摂ることはありません。

脂質をサプリメントから摂るデメリット

必要量以上の摂取になりやすい

サプリメントだと効率的に摂取できる分、摂りすぎてしまう可能性もあります。どんな成分でも摂りすぎると体のバランスを崩すもの。必須脂肪酸の1つアラキドン酸は、過剰摂取になると体内で炎症を起こす化学物質へ変化する可能性もあるとされています。サプリメントのほとんどには目安摂取量が定められているため、目安量を超えて摂りすぎないようにしましょう。

脂質をサプリメントから摂る場合の注意点

必須脂肪酸によっては、アラキドン酸のように体の中で変化したり、薬と反応して変化したりすることもあります。もし服用している薬があれば、サプリを摂取する前に医師に問題ないかを相談するようにしましょう。

参考サイト・参考文献

他にも含まれているスピルリナの成分をチェック

ベースサプリとしてのスピルリナの成分一覧を見る