食物繊維(六大栄養素)

このページでは、スピルリナに含まれる食物繊維などの栄養素について調べています。

食物繊維とは

様々な食材に含まれている栄養成分で、人間の消化酵素の影響を受けず腸まで届くという特性を持っています。便のかさ増しに役立つため、スムーズな便通には欠かせません。
また最近の研究で、生活習慣病予防にも役立つことがわかっています
食物繊維が多く含まれている食材は、いもや豆、野菜や果物、そして海藻など植物性原料。不足すると便秘を招き、腸内環境を悪化させていきます。

食物繊維をスピルリナから摂るメリット・デメリット

スピルリナから食物繊維を摂ることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットはないのでしょうか。詳しく解説します。

食物繊維をスピルリナから摂るメリット

スピルリナを利用する最大のメリットは、単一の食品から様々な栄養素を摂れることです。不足しがちな食物繊維もしっかり補給。これにより次のメリットが得られます。

腸内が綺麗になる

食物繊維が持つ最大の働きは腸内を掃除すること。腸内に溜まった身体に悪い物質をどんどん吸収し、体外への排泄を促してくれます。善玉菌を増やす作用もあるため腸内環境が良好に!第二の脳と呼ばれている腸が元気になると、免疫力の向上、アレルギーの軽減といった効果が期待できます[注1]
実際に英国人220名を対象に行なった調査の結果、食物繊維を1日18g摂ることで適度な便通が促され、大腸疾患の予防に役立つことがわかりました[注2]

嫌いな食べ物が多い方や多忙な方の栄養補給に

嫌いな食べ物が多い方や多忙な方の栄養補給にも役立ちます。嫌いな食べ物が多くて偏食だと特定の栄養素が不足しがちです。とくに食物繊維は1日の目標摂取量が18~20g以上と言われているのに対し、平成28年の国民健康・栄養調査結果でわかった20歳以上の1日平均摂取量は14.7gと少なめ[注3][注4]
スピルリナを利用すれば、食事からは摂りにくい食物繊維を効率よく摂取できます

食物繊維をスピルリナから摂るデメリット

食物繊維をスピルリナから摂ることにはデメリットもあります。具体的に、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

下痢などを起こす恐れがある

基本的には、安全に利用できる食品と考えられていますが、体質などによっては下痢や胃のむかつきなどを引き起こすことがあります。ときには浮腫が現れることも。最初は様子を見ながら飲んでいくのが安心です。いくら食物繊維を摂取したくても、体質に合わなければスピルリナの摂取は控えましょう。

過剰摂取すると副作用が起きる

食物繊維は過剰に摂取しすぎるとお腹が緩くなったり、他の栄養素の吸収を妨げてしまったりします[注5]
通常不足しがちな成分なのであまり気にする必要はないですが、食事からの摂取も考えて過剰摂取には十分注意してください。

食物繊維摂取を目的としてスピルリナを摂るときの注意点

スピルリナには以上のメリットとデメリットがあります。スピルリナを利用する方は、メリットばかりに注目せずデメリットにも気をつけましょう。
様々な栄養素を摂れるという理由で、スピルリナに頼りすぎると思わぬトラブルを生じるかもしれません。また、食生活がスピルリナに偏ると摂取できる栄養素が偏ってしまいます。あくまでも、健康を補助するための食品なので頼りすぎは禁物。普段の食生活にプラスする形で利用しましょう。正しく利用すれば、効率よく健康維持に必要な栄養を補えるはずです。

参考サイト・参考文献

他にも含まれているスピルリナの成分をチェック

ベースサプリとしてのスピルリナに含まれる成分一覧を見る