美容と健康に役立つスピルリナでLet's藻活!

ページトップへ

脂肪酸(リノレン酸、リノール酸)

このページでは、スピルリナに含まれる必須脂肪酸(リノレン酸、リノール酸)について調査しています。

スピルリナに含まれる必須脂肪酸(リノレン酸・リノール酸)

本ページでは、スピルリナに含まれる必須脂肪酸について紹介していきます。まず「必須脂肪酸とはどのようなものなのか、よくわからない」という方もいるかと思いますので、以下にまとめてみました。

必須脂肪酸とは

食物から身体内へ取り込まれた脂肪が分解され、必須脂肪酸となります。細胞やホルモンなど、重要な身体機能の構成において欠かせない物質です。

それでは、スピルリナにはどのような必須脂肪酸が含まれているのでしょうか。以下に注目してください。

ガンマリノレン酸 リノレン酸には、血圧や悪玉コレステロール値、そして血糖値を低下させる力があります。
人体内でも生産できますが、充分な量を補うためには、外部から摂取する必要があります。
血液の脂質異常症は生命を脅かす大病(心筋梗塞や脳梗塞など)に発展する可能性があるので、予防改善に役立てる意味でも、摂取の習慣をつけましょう。
リノール酸 こちらの脂肪酸にも、血圧や悪玉コレステロール値、そして血糖値を低下させる力があります。
血液のドロドロ化を食い止め、血栓の予防改善に働いてくれるので、積極的に摂取したいもの。

いかがでしょうか?スピルリナに含まれる必須脂肪酸が、人体内で重要な働きをしてくれることが、おわかりいただけたのではないかと思います。

もし必須脂肪酸が不足すると

リノレン酸やリノール酸などの必須脂肪酸が不足してしまうと、血液がドロドロになりやすくなります。また気になるところでは、皮膚の乾燥や薄毛などが加速してしまうそうです。美容にも悪影響があるということです。免疫力も低下するので、病気などの脅威に負けやすくなってしまいます。

スピルリナは、あなたの健康な毎日をサポートしてくれます。是非、積極的に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

脂肪酸(リノレン酸、リノール酸)をスピルリナから摂るメリット・デメリット

スピルリナには以上の脂肪酸が含まれています。スピルリナから脂肪酸(リノレン酸・リノール酸)を摂るメリット・デメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。詳しく解説いたします。

脂肪酸(リノレン酸、リノール酸)をスピルリナから摂るメリット

スピルリナから脂肪酸を摂るメリットとして次の点などが挙げられます。

不足しがちな必須脂肪酸を摂取できる

スピルリナを利用する最大のメリットは、毎日の食事で不足しがちな必須脂肪酸を摂れることです。必須脂肪酸とは、体内で合成できないにもかかわらず健康維持に欠かせない脂肪酸です。スピルリナに含まれるリノレン酸・リノール酸はともに必須脂肪酸です。これらを一緒に摂れる点がスピルリナから脂肪酸を摂るメリットといえます。

必須脂肪酸は、毎日の食事などから補う必要があります。万が一、不足すると健康に様々な影響が現れます。具体的には、必須脂肪酸の欠乏で皮膚の乾燥・脱毛・脂肪肝・血小板の減少・血栓の形成などの影響が現れます。また、免疫力が低下する恐れなどもあります。健康的な食生活を送っている方で欠乏する恐れはほとんどありませんが、欠乏すると大きな影響が現れるので積極的に摂取したいといえるでしょう。

参考:『必須脂肪酸』 東北大学病院 NST栄養ひろば
http://www.hosp.tohoku.ac.jp/pc/img/tyuuou/nst_shibo.pdf

必須脂肪酸と一緒に様々な栄養を摂れる

もう一つのメリットしてあげられるのが、必須脂肪酸と一緒に様々な栄養を摂れることです。スピルリナには、タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれています。これらの栄養を合わせて摂れる点も、スピルリナから脂肪酸を摂取するメリットです。食生活が乱れがちな方は、スピルリナから必須脂肪酸の摂取を心がけるとよいかもしれません。

脂肪酸(リノレン酸、リノール酸)をスピルリナから摂るデメリット

スピルリナから脂肪酸を摂ることにはデメリットもあります。具体的に、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

脂肪酸を含むサプリメントを併用しづらい

最初のデメリットとして挙げられるのが、脂肪酸を含む他のサプリメントを併用しづらいことです。他のサプリメントから脂肪酸を摂ると、脂肪酸を摂りすぎてしまう恐れがあります。他のサプリメントを使用している方は、どのような成分が配合されているかチェックしましょう。リノール酸が配合されている場合は、摂取量に気を付けたほうが良いかもしれません。

リノール酸は酸化されやすい脂肪酸です。多量に摂取したときの安全性はわかっていません。また、炎症に関わる物質の生成にも関わっています。この面からも、多量摂取時の安全性は懸念されています。現在のところ、n-6系脂肪酸(又はリノール酸)の上限摂取量は、総エネルギー摂取量の10%とされています(n-6系脂肪酸の目安量は30~69歳男性で10g/日・30~69歳女性で8g/日)。他のサプリメントを利用している方は、リノール酸の摂取量に注意しましょう。

参考:『脂質』 厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4g.pdf

脂肪酸(リノレン酸、リノール酸)摂取を目的としてスピルリナを摂るときの注意点

リノール酸は、コーン油やゴマ油、大豆油、紅花油、ヒマワリ油などにも含まれています。身近な食品に含まれているので、気づかない間に摂りすぎていることがあります。スピルリナを利用する方は、食事からの摂りすぎにも注意しましょう。対する、リノレン酸は不足しがちな脂肪酸です。毎日の食事から摂取するリノール酸の量に気を付ければ、スピルリナを利用してバランスよく必須脂肪酸(リノレン酸・リノール酸)を摂れると考えられます。どちらの脂肪酸も健康維持に欠かせない脂肪酸なので、適量の摂取を心がけてください。

Pick Up今すぐ始められる!スピルリナ4選

スピルリナデビューならコレ!美味しく飲んで美容と健康を実感
ドリンクがおすすめ

スピルリナ写真

藻のすごい青汁

初回価格1,000円(税別)

藻のすごい青汁の
公式サイトへ

粒タイプで持ち運び便利!
いつでもカラダに取り入れたいなら
サプリがおすすめ

スピレン写真

スピレン

初回価格4,700円(税別)

スピレンの
公式サイトへ

オーソドックスなスピルリナ!オリジナルの料理にこだわりたいなら
パウダーがおすすめ

スピルリナスティック写真

スピルリナスティック

初回価格4,500円(税別)

スピルリナスティック
の公式サイトへ

世界初?!生で食べる藻新しいものを試してみたいなら
がおすすめ

タベルモ生スピルリナ写真

タベルモ生スピルリナ

初回価格8,400円(税別)

タベルモ生スピルリナ
の公式サイトへ