TOP » ベースサプリメントとしてのスピルリナ成分 » 炭水化物(五大栄養素)

炭水化物(六大栄養素)

このページでは、スピルリナに含まれている炭水化物の特徴やサプリメントから摂るメリット・デメリット、摂取の注意点などを紹介しています。

炭水化物とは

砂糖や果物、ごはん、いもなどに含まれている炭水化物。主に脳や身体を動かすエネルギーとなる、身体になくてはならない栄養素です。消化吸収される糖質と、消化吸収されずに排出される食物繊維で構成されています。同じようにエネルギー源として機能するたんぱく質に比べて燃焼するのが早く、身体に吸収されるとすぐにエネルギーとして働くのが特徴です。
「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では炭水化物の食事摂取基準を1日に必要なエネルギーの50~65%と設定[注1]。1日2,000キロカロリーの摂取が必要な成人女性であれば約1,200キロカロリーで、ごはんに換算するとお茶碗6杯分近くになります。

炭水化物をサプリメントから摂るメリット・デメリット

炭水化物をサプリメントから摂ることには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

炭水化物を摂るメリット

摂りすぎると太ると言われ敬遠されがちな炭水化物ですが、摂取で得られるメリットもあります。チェックしてみましょう。

筋肉の生成を助け、脂肪が燃えやすい身体へ

私たちは生活に必要なエネルギーのほとんどを炭水化物から摂取しています。炭水化物が不足するとエネルギーが足りなくなり、筋肉を生成しているタンパク質を分解することで不足分を補てんすることに。そのため炭水化物不足は筋肉の合成を阻害してしまいます。筋肉量が少なくなると痩せにくく疲れやすい体質に。炭水化物を摂取することは筋肉の合成をサポートし、若々しい身体をキープするのに有効なのです。

脳の働きが良くなり頭がさえる

炭水化物に含まれるブドウ糖は脳の大事な栄養源。きちんと摂取することで脳が活性化し、記憶力や言葉の認知力が向上します。実は脳は安静にしていても1日で120gものブドウ糖を消費する食いしん坊な臓器。一度に蓄えておけるブドウ糖の量は限られているので常にエネルギーを補給しなければ働きが鈍くなってしまいます。頭の回転を促進したい人は積極的に摂りたいですね。

炭水化物を摂るデメリット

では炭水化物を摂る際のデメリットはあるのでしょうか?解説していきます。

過剰摂取は病気のリスクを高めてしまう

35~70歳の男女13万5335人を対象に行なった追跡調査の結果、77.2%以上の炭水化物を摂取していた人はそれより少ない量を摂取していた人に比べて死亡リスクが28%上昇していることがわかりました[注2]
成人女性が1日に必要な摂取カロリーは2,000キロカロリーほどなので、その77.2%というと1,540キロカロリー。ごはん7杯半に相当します。何事も摂取しすぎは禁物。炭水化物に含まれる糖質によって糖尿病や肥満、合併症のリスクを高めてしまいます。

炭水化物をサプリメントから摂る場合の注意点

すぐにエネルギーとなる炭水化物は血糖値も上がりやすいので要注意。代謝が乱れ、場合によっては血管が傷ついてしまうことがあります。最終的に生活習慣病の要因となるので、摂取量やタイミングはきちんと守るようにしてください。[注3]

参考サイト・参考文献

他にも含まれているスピルリナの成分をチェック

ベースサプリとしてのスピルリナに含まれる成分一覧を見る