TOP » これだけは知っておきたいスピルリナの選び方 » スピルリナを原末で使用しているか

スピルリナを原末で使用しているか

このページでは、スピルリナサプリメントの原末チェックについてまとめています。

原末チェック|スピルリナサプリの選び方

スピルリナはたんぱく質をはじめ、ミネラルや食物繊維など、非常に豊富な栄養を含む原材料です。藻の一種で地球上に数十億年以上存在していて、ユーグレナやクロレラなどと並び、健康食品として大きな注目を集めています。女性誌などが「藻活」と称して、スピルリナを紹介する特集を組んでいるほどです。

しかしスピルリナは、商品化される際に粉末や錠剤に加工されることがほとんど。「他の原料を混ぜ合わせることで、かさ増しされているかも…?」と不安を感じるかもしれません。

そんな時は、ネット上の商品紹介ページなどに掲載されている成分表示をチェックしてみて。もし着色料と疑われるような成分が記載されている場合は、要注意です。スピルリナに含まれる天然色素「フィコシアニン」は、他の食品の着色に活用されているほどなので、新たに色素を加える必要はありません。

こうした商品は、購入を見合わせた方が賢明です。

そもそも原末とは?

スピルリナ自体は藻の一種です。自然界の生き物である以上、身体への好影響が期待できる有効成分のほか、水分や不純物なども当然含まれます。

原末とは、それら水分や不純物を取り除いたうえで、濃縮させ粉末にしたものが該当します。

スピルリナ原末100g中の含有成分

スピルリナの成分を濃縮させたスピルリナ原末。その内容成分を見てみましょう[注1]

一般成分

熱量 383Kcal
たんぱく質 70.0g
脂質 8.1g
糖質 2.7g
食物繊維 9.5g

脂肪酸

ガンマリノレン酸 1.29g
リノール酸 1.22g

ビタミン

ビタミンA 16200μg
ビタミンB1 3.78mg
ビタミンB2 3.99mg
ビタミンB6 0.84mg
ナイアシン当量 38.5mg
葉酸 170μg
パントテン酸 1.3mg
ビオチン 30.4μg
ビタミンE 9.1mg
ビタミンK1 1080μg
ビタミンK2 80μg

ミネラル

カルシウム 75.8mg
リン 868mg
63.1mg
ナトリウム 296mg
カリウム 1.59g
マグネシウム 242mg
亜鉛 0.98mg

その他成分

クロロフィルa 1320mg
フィコシアニン 7400mg
ゼアキサンチン 98mg
イノシトール 105mg

スピルリナならではの嬉しい成分「フィコシアニン」をはじめ、あらゆるビタミンやミネラルを1つの食品から簡単に摂取できることがスピルリナ原末の特徴です。

スピルリナ100%なら安心!?

スピルリナサプリの情報を調べていると「スピルリナ原末100%」と喧伝された商品に出合います。「添加物がない」という意味で安心感は高いのですが、別の観点からのチェックも必要になってきます。

例えスピルリナ100%と謳っていても「どこでどのように培養されたスピルリナなのか」、はっきりと紹介されていない商品もあるのです。自社ファームや、信頼できる(生産者の顔が見える)提携ファームで培養されたスピルリナであるかどうか、よく確認を。

またスピルリナ以外の原料をミックスしている商品も、数多く存在しています。よくあるのは青汁にスピルリナをプラスしている一品。若葉のさわやかな香りがスピルリナの風味を緩和しているため「飲みやすい」と好評です。

栄養価の高い原料なら相乗効果も期待できそうですから、必要以上に「スピルリナ原末100%」にこだわらなくても良さそうです。

本記事の参照元サイト

原末を使用しているスピルリナサプリ3種